45(2002年度茨城県改題)

2020/10/28

-スポンサーリンク-

本日はずいぶん昔の茨城県の問題を紹介します。

ちょっと前まで東京新聞に,ずいぶん昔の入試問題まで載っていたのですが,最近になって2011年度以前は消されてしまいました。残念!

今回の問題は,1度経験しておくと良い,何でそんなところ突くの問題です。

45
目標時間:7分 難易度:★★★★☆ 範囲:中2確率 出典:平成14年度茨城県 改題

<問題の画像>
kaminari1.png


<PDF,解答例はこちら↓↓>





comment (-) @ 平面(証明メイン)

確率と場合分け(2017年度岐阜県)

2020/10/27

-スポンサーリンク-

このブログ確率の問題少ないなと思ったので,探して解説作ってきました。

高校数学では場合分けが重要ですが,中学数学で場合分けが求められるのは確率ぐらいです。(と言っても可愛いもんですが)

今回の問題は,見た目は本当に易しそうですが,地味に地雷があります。

しかし最近確率にせよ,関数にせよ,このブログ動点P多いな......。

動点Pと確率と場合分け
目標時間:6分 難易度:★★★★☆ 範囲:中2確率 出典:平成29年度茨城県
URL:https://resemom.jp/feature/public-highschool-exam/gifu/2017/math/question03.html

<問題>
rena3.png


<解答例,PDFはこちら↓↓>



comment (-) @ 確率

確率と格子点(2018年度秋田県)

2020/10/25

-スポンサーリンク-

本日は,秋田県の問題を紹介します。

学力テストでいつも上位を取っているからか?入試も良い感じに難しい問題だらけです。

びっくりしたのが,試験時間が60分なんですね。じっくり試験されています。

今回は,大学入試でも高校入試でも強烈な格子点問題です。

題材は2次関数のグラフですが,どう考えても確率,整数問題の性質が強いので,カテゴリは「その他」としました。



第37回芸術的な難問高校入試
「確率と格子点」
出典:平成30年度 秋田県 高校入試 過去問
URL:https://www.pref.akita.lg.jp/pages/genre/15419

<問題>
akita1.png

akita2-2.png


<PDF・解答解説はコチラ↓↓>



comment (-) @ 確率

1次関数と格子点(2019年度広島県)(お笑い芸人メンバーが本題)

2020/10/24

-スポンサーリンク-

今回は広島県の問題を紹介します。

いつもはまず,良問な高校入試を探して,解説を作り,そこから余談で都道府県の情報を書いていますが,今回はどうしても紹介したいお笑い芸人がいた!ので,順序が逆です。

2018年度歌ネタ王決定戦(残念なことに西日本ローカルなので,北海道では見られない)優勝の「メンバー(ひろしま吉本のプロフィール)」というコンビ。よしもと広島所属です。ローカルで頑張っているお方ですね。

歌ネタはどう考えても全国,全世界レベルなんです,優勝してるぐらいなんで。



この他にもYoutubeにネタ動画から芸術作品までたくさん上がっているので是非見てほしい!

別に「ゲラゲラ笑う」タイプのネタではありません。音楽リズムの心地よさと,その中でもしっかり漫才はしているので,何かニヤけてくる,ずっとBGMとして流していたい,そんなネタです。

いつかの立川志らくさんではありませんが「頭の中めちゃくちゃ面白い」
(この言葉を,M1で残した師匠凄いと思う,そういう見方もあるという日本国民への提言ですね)

何と左の方(山口さん)がご自分で作曲なされているらしい!著作権問題にも優しいですね。

しかもよくあるリズムネタ歌ネタの「1パターンしかないから飽きられてくる,一発屋になってしまう問題」もクリアされています。一体どこにそんな才能あるのか知りませんが,山口さん何個も何個も楽曲制作しているので。(曲として聴くのもアリなので,1つのネタonlyでも飽きられるのも遅そうですが)

テレビに出すぎたら旬もあるでしょうが,営業とか絶対に強いですよね。とりあえず見に行きたくなるもん。

しかもしかも,容姿が丁度良いですね。イケメン,不細工だったらどうしても別のこと考えてしまいがちですが,丁度よい容姿です。ネタだけに集中できるし,反感を買わない!

※コンビ名だけはいただけない,検索しづらいのも程がある.......これは何とかしてほしかった(笑)

コ○ナ空けたらで良いので,是非東日本,北海道まで来てほしい~~!!!



紹介した過ぎて,あまり良問に恵まれない広島県(と岡山県)から無理やり問題を探してきました。この2県,新センターを意識しているのか知りませんが,太郎さん花子さん問題がしつこいったらありゃしないんですよね。数学と言うよりなんか別の能力問われている気がします。問題文やたら長い問題多すぎる!聞いていること大したことないのに!

ただシンプルで良い問題(岡山県の例)もあります。正直2県にはこういう路線で行ってほしい!

はい,ということで今回の記事は以下の問題が余談です。

第36回芸術的な難問高校入試
「1次関数と格子点」
出典:平成29年度 広島県 高校入試 過去問
URL:
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kyouiku/06senior-2nd-h31-nyuushi-h31-kou-h31-kou-kennsayoushi-h-31-kou-kensayoushi.html

<問題>
member1.png



comment (-) @ 1次関数,反比例グラフ

過剰な知識が邪魔をする?(2019年度茨城県)

2020/10/23

-スポンサーリンク-

今回は茨城県の問題です。100点中配点が9点の問題。

茨城県と言えば,お笑い芸人の「カミナリ」が有名ですね。(最近お笑いにハマっている管理人)
2016年度と2017年度では,M1グランプリの決勝に残っています。
Youtubeに公式動画がほとんど無いのが残念ですが......。



最初見たとき「あんなに強く頭叩いて大丈夫?」と不安になる方多いと思いますが,そのうちあの音が癖になります。
ただ,いつかマナブ君の頭が破裂しないのではないかという心配は常にする必要があります。
※マナブ君石頭だから,タクミ君の手がやばいらしい(笑)
そこらへんはプロだから大丈夫なのか。

まだまだフレッシュなので,もっと売れてほしい!

さて,今回の問題は,そんなカミナリとは全く関係ない,関数の問題です。無理やりこじつけるなら,マナブ君が解答例2で解いて,タクミ君に頭叩かれてそうです。

過剰な知識が邪魔をする?
目標時間:5分 難易度:★★☆☆☆ 範囲:中3関数 出典:平成31年度茨城県
URL:https://www.tokyo-np.co.jp/article/32789

<問題>
takumi1.png


〈解説,PDFはこちら↓〉



comment (-) @ y=ax^2(2次関数)のグラフ

2020年度 学力テストB 社会 ただの感想

2020/10/22

-スポンサーリンク-

またまた北海道ローカルの受験の話をします。

10月15日(木)に学力テストABCのBが行われました。

※北海道の全ての中学校で行われる学力テスト。この学力テストABC(笑)を用いて,中学校では進路指導が行われる。
が,テストの質がお粗末である。最近は道コンを中学校の先生に持っていけばある程度考えてはくれる。あ,内申点とか入試に影響は全くない,あくまでも進路指導に使われるだけ(推薦入試は知らん!)

ちなみに,「北海道教育文化協会」という謎の組織が作っている。たしか1個220円と採点を中学校の先生に任せるくせに結構な値段する。

問題の質としては入試にまるっきり似せるつもりがないのはしょうがないとしても

社会…作問者の難易度の上げ方下手すぎ
国語…作問者性格悪い

で,まともに試験しているのは理科ぐらい。最近はクレームが来たのか,全体的におとなしめの,無難なテストに仕上がっていますが,それでも「う~ん?」が多い問題。

ということで,今回は社会の感想でも書いておきます。(というか元々はこのブログ,北海道高校受験用に作ったしね,北海道のアクセス東京都の1/10だけど)

2013年度~2017年度あたりの社会はクソ問題のオンパレードでしたが,最近はマシです。



※このブログ,日頃は中学数学の良問や難問を紹介しています。
良問一覧はこちらです。

comment (-) @ 北海道 高校入試 解説

い~やそういう条件の与え方があったっていい!(2017年度山口県)

2020/10/20

-スポンサーリンク-

今回は山口県の平面図形の難問です。

山口県と言えば,2019年度M1グランプリで見事3位に輝いた「ぺこぱ」の,松陰寺太勇さん(松井勇太さん)の出身地ですね。

ちょっと前にやっていたぺこぱの「山口県PR」番組が好きでした。



巷では「Go to トラベル」なんかよりも何倍も店,観光地を助けていると言われていたそうで(笑)

漫才がものすごく面白いのは当然ですが,人々の考え方や生き方について考えさせられるコンビでもありましたね。素晴らしい。

さて,今回の問題は,松陰寺さんのように,物事を柔軟に考えたら楽に解けます。(すみません,ものすごく無理やりなこじつけです)。

第35回芸術的な難問高校入試
「見方を広く」
出典:平成29年度 山口県 高校入試 過去問
URL:https://resemom.jp/feature/public-highschool-exam/yamaguchi/2017/math/question08.html

<問題>
yamaguchi1.png


<PDF,解答例はこちら↓↓>



comment (-) @ 平面(証明メイン)

【訂】動点Pと三平方と神の導き(2014年度宮崎県)

2020/10/19

-スポンサーリンク-

※メールフォームで問1、問2の模範解答、及び問3への意見を頂きました。訂正しました!

※問1は、垂直なんて条件は使う必要なく「直線lは点Aを通る」だけで解ける、中1レベルの問題です!プリントごと訂正しました!


本日は何となく宮崎県で問題を探していたら,面白い問題を見つけたのでご紹介します。

当ブログのアクセス数のほとんどを占める,関数の問題,日本国民が嫌いな動点P。

宮崎県と言えば,2017年度M1グランプリチャンピオンの,とろサーモンさんが有名ですね。あんなに面白い漫才見たことありません。

何か久保田さんが色々あったらしいですが,そんなのどうでもいいです。勝負は勝負,面白ければよいです。

入試もそうです,どんな勉強法しようがどんな解き方しようがどんなに性格が悪かろうが,点とったもの勝ち。

第34回芸術的な難問高校入試
「動点Pと三平方と神の導き」
出典:平成26年度 宮崎県 高校入試 過去問
URL:https://resemom.jp/feature/public-highschool-exam/miyazaki/2014/math/question04.html

<問題>
miyakan1.png


miyakan2.png


<PDF,解答例は↓>

comment (-) @ 動点P系