5:2(2018年北海道)

2019/08/03

-スポンサーリンク-

入試の極限状態で「アレ」を思いつくには,大変理不尽な入試問題です。良い意味で。



5:2
目標時間:5分 難易度:★★★★☆ 範囲:中2関数,中2図形 
出典:2018年度 北海道 高校入試 学校裁量問題

<問題>
521.jpg


<PDF,解答例はこちら↓↓>




<PDF>


<.pdf>
・Googleサーバー

・シーサーサーバー


<解答・解説の画像>
522.jpg
523.jpg


※入試の模範解答は,相似を使ってもう少しエレガントに解いている! ただ,相似を使わなくても解けるので,中2でも解ける。

<コメント>
「直線BP上に△OABと△OAQの面積の比が5:2となるように点Qを取ります。」という文面のせいで,頭から「等積変形」という言葉が無くなります。

パターン化しがちな等積変形において,少しだけ捻って少し難しい問題を作成したことは誉められます。

北海道は全国的に見ても問題が簡単と言われます。(見た目の図だけは簡素なのも一因。)

しかし,図が優しいほど,難しかったりしますね。

関連記事


-スポンサーリンク-


comment (-) @ 1次関数,反比例グラフ
【正答率0.4%】配点不適切な関数(2012年度埼玉県) | 2等分線と垂直からアレ(2010年度:ラ・サール高校)ベクトル禁止?